home.html

ユーラシアンオペラ

終わりはいつも終わらないうちに終わっていく

バイカル・黒海プロジェクト2017バージョン  作曲:河崎純


ユーラシアンオペラ=21世紀の神謡集=北東アジアのマジックリアリズム

2015年、タデウシュ・カントール生誕100年記念祭(シアターX 主催)で総勢17名のキャストにより初演された「終わりはいつも終わらないうちに終わっていく」。本作は“ユーラシアンオペラ”として2016年よりアルメニア(コーカサスプロジェクト)、ロシア(モスクワミーティング)と、ユーラシア大陸を巡演しながら伝統音楽の歌手や即興演奏のアーチストとのコラボレーションを行ってきました。

古来ユーラシア大陸にはシルクロードがありました。いま私たちは新たな道をつくりながらゆく「まれびと」。極東日本とアジア、ヨーロッパ各地の音楽の出会い、そこから生まれる新たなユーラシアの道。

ロシアと中国の国境地域に暮らした、北東アジアの少数民族、遊牧・狩猟民族の20世紀。二つの世界大戦、ロシア革命、中華人民共和国の成立。失われ行く言語、シャマニズムなどの慣習。それらを描く中国の現代小説を翻案し、21世紀の神謡集を歌います。歌と独自の合唱システムによるこの音楽劇は、多くのローカリティやマイノリティを遡り、ロルカの創作や、ガルシア・マルケスなど現代の中南米等のラテンアメリカアートの系譜にもつらなる「北東アジアのマジックリアリズム」とも言えます。

2017年はゲストにヤン・グレムボツキー(ヴァイオリン)、小森慶子(クラリネット)チェ・ジェチョル(韓国打楽器)を迎え、新たに作曲された室内楽版の音楽を中心に再構成した「バイカル・黒海プロジェクト2017バージョン」を初演。また神田・楽道庵ではコメンタリー付きのショーケースとして上演しました。



2017年6月22日 公園通りクラシックス

ヤン・グレムボツキー(ヴァイオリン) 小森慶子(クラリネット) 小沢あき(ギター) 

河崎純(コントラバス) チェ・ジェチョル(韓国打楽器)

歌:三木聖香 津田健太郎 坪井聡志 吉松章

ダンス:亞弥 三浦宏予


2017年7月3日 楽道庵

小沢あき(ギター) 河崎純(コントラバス)

歌:三木聖香 津田健太郎 坪井聡志 吉松章

ダンス:亞弥 三浦宏予


構成・演出・作曲:河崎純   音楽監督:小沢あき   舞台監督:白澤吉利

演出助手・宣伝美術・記録映像:三行英登   記録写真:mikomex

photo: mikomex

photo: mikomex

Eurasian Opera

The end does not end

Baikal project and Black Sea project version 2017

Composed by Jun Kawasaki


Eurasian opera — Collection of mythology in the 21th century — Magic realism of North East Asia

In 2015, Music and Poetic Drama Laboratory performed a theatre music “The end does not end” by 17 members in the 100th anniversary of birth of Tadeusz Kantor at Theatre X, Tokyo. In 2016, we performed this theatre music as a Eurasian Opera in Armenia (Caucasus project), Russia (Moscow meeting) with impromptu musicians and singer who sing traditional music of her own country.

There has been Silk Road on Eurasian Continent from ancient times. Now, we are Marebito (visitors from afar), going and making new ways. Encounters of the Far East music, Asian music, and European music are making new Eurasian ways.

We are singing collection of mythology in the 21th century based on modern Chinese novel that describes about life of minority, nomadic, and hunting race who lived in border between Russia China, two World Wars, Russian Revolution, establishment of People’s Republic of China, and customs such as language and shamanism that being lost. This theatre music is constructed by songs and unique chorus system, and based on many locality and life of minority groups. According to a certain kind point of view, it can connect to modern Latin American Arts such as García Marchez and could be called Magic realism of North East Asia.

In 2017, this theatre music altered differently by Jun Kawasaki’s new composition reconstructed as chamber music. We engaged Jan Glembotzki (Violin / Germany), Keiko Komori (Clarinet), and Choi Jaechol (Korean instruments) in this performance. Because of These guests, “The end does not end” will become new version.



22 June 2017,  Koen-Dori Classics, Tokyo

Jan Glembotzki (Violin),  Keiko Komori (Clarinet),  Aki Ozawa (Guitar)

Jun Kawasaki (Doublebass),  Choi Jaechol (Korean instruments)

Vocal and voice: Seika MikiKentaro TsudaSatoshi TsuboiAkira Yoshimatsu

Dance: AyaHiroyo Miura


3 July 2017,  RakudoAn, Tokyo

Aki Ozawa (Guitar),  Jun Kawasaki (Doublebass)

Vocal and voice: Seika Miki,  Kentaro Tsuda,  Satoshi Tsuboi,  Akira Yoshimatsu

Dance: Aya,  Hiroyo Miura


Director, Composer: Jun Kawasaki   Band master: Aki Ozawa   Stage manager: Kiri Shirosawa

Co-director: Hideto Miyuki   Stage photo: mikomex

Projects