home.html

Projects

 このプロジェクトでは、音楽詩劇「終わりはいつも終わらないうちに終わっていく」を“ユーラシアンオペラ”への道とし、海外アーチストと共同創作を行います。昨年度のアルメニアとロシアに続き、本年は「音楽詩劇 バイカル・黒海プロジェクト」として、7月にロシア、トルコ、ウクライナで、9月には東京で公演を行いました。

 イルクーツクでは現地ミュージシャンとのコラボレーションコンサートを行い、本作の題材である遊牧民やシャマニズムとも深いつながりのあるブリヤート共和国ウラン・ウデでは International Music Festival “Voice of Nomads” へ出演。イスタンブールでは、これまでに共演したミュージシャンや現地アーチストとのセッションを中心に、今後の展開を模索する「東京─イスタンブールミーティング」を、そしてオデッサでは、Odessa International Theatre Festival 2017 にて舞踏フェスティバルのメインパフォーマーとして現地のダンスカンパニーとともに共同制作を行いました。

Jun Kawasaki, Music and Poetic Drama Laboratory is Japanese Contemporary music theatre – It features a blend of contemporary choreography, modern compositions, experimental music, and traditional music. They have a project creating a new Asian MUSIC AND POETIC DRAMA with world traditional musicians. This project have began in Tokyo since 2015 and collaborated with Korean, Russian, German, Ukraine, Turkish, Armenian musicians.

In 2017, They starts “Baikal project and Black sea project”. In this Baikal project, they collaborated with Marya Korneva (vo.), Oxana Zhambalova (vo.), Liudmila Zamashchikova (vl.), and Ilya Lunushkin (cl.). And In Black Sea project, they collaborated with Saadet Türköz (vo.), Selen Gülün (vo., Pf), Anya Tchaykovskaya (Vo.), and foreign Butoh Dancers.

They interpret and reconstruct old Russian and Japanese folklore and sing and play it freely with improvisation and contemporary dance. Now, in order to generate New Eurasian roads, they are also exploring their road as traveling player.

artists.html

Outline

Istanbul – Odessa

Tokyo

Irkutsk – Ulan-Ude

河崎純 音楽詩劇研究所

音楽詩劇 バイカル・黒海プロジェクト

Jun Kawasaki, Music and Poetic Drama Laboratory

Music and Poetic Drama; Baikal project and Black Sea project

projects_2017July_2.html
projects_2017July_3.html
projects_2017July_4.html

Outline

Istanbul – Odessa

Tokyo

Irkutsk – Ulan-Ude

projects_2017July_2.html
projects_2017July_3.html
projects_2017July_4.html