架空の民族ナイト ─地図と音楽と食卓─


まだ世界に無数の民族があった頃、そこには、たくさんの音楽もありました。

「ユーラシアンオペラプロジェクト」は、トルコ、ウクライナ、ロシア、韓国に暮らすさまざまな民族的背景を持ったアーティストである女性5名を東京へ招き、日本のアーティストとともに音楽の水脈を探る、誰も見たことのない音楽詩劇です。

このワークショップでは「架空の民族」をテーマに、世界各国、各民族の音楽について知るだけでなく、それを土台に一人一人が「架空の民族」を想像し、みんなで一つの音楽をつくっていくワークショップを開催いたします!


「ユーラシアンオペラプロジェクト」に参加するアーティストは、それぞれ、自分のルーツと異なる民族のテーマを取り入れて表現を研究しています。そのプロセスや知識を応用して、皆さん一緒に未知の音楽に出会う体験をしてみましょう!


2018年7月12日(木)  会場:chaabee


18:00   オープン

19:00   スタート 地図と音楽、民族の話。(解説:河崎純/ 音楽詩劇研究所 主宰)

19:45   どこにもない民族を想像するワークショップ

            即興音楽を奏でてみる(解説・演奏:音楽詩劇研究所)

20:45   ベジフード料理とドリンクの提供


チケット:2,800円(1ドリンク&イベントのテーマをイメージしたベジタリアン料理付き)

*ご予約はFBページ参加ボタン、もしくは音楽詩劇研究所のメールにて承ります。

*お食事を準備する関係で、ご予約を7月8日で一旦締め切ります。

 7月9日以降のキャンセルは、なるだけご遠慮ください…。


│Facebook イベントページ

│メールでのご予約(音楽詩劇研究所)


chaabee

〒135-0032 東京都江東区福住 1-11-11 │ 地図(Google map)

門前仲町駅(東京メトロ東西線/都営大江戸線)より徒歩8分




例えばどんなことをするの?


● 世界地図を広げてみます。韓国の音楽、東欧の音楽、シベリアの音楽…

  地図を見ながら音楽を聴いてみましょう。(解説:河崎純)


● 見慣れた形をした世界地図のどこかに、現実には無い島や半島を描いてみましょう。

  その地域に暮らす人はどんな人たちでしょうか。プロジェクトへ参加する日本のアーティストたちと一緒に

  想像してみましょう。(音楽詩劇研究所のメンバーを含むグループワークショップ)


● 想像上の民族のみなさんがたべる食事、衣装、お祭り、宗教、政治について想像してみましょう。

 (音楽詩劇研究所のメンバーを含むグループワークショップ)


● 想像の中に生まれた、いくつかの架空の民族。彼らの音楽はどんなものなのか。

  プロジェクトへ参加するアーティストたちが即興で演奏します。

  参加者の皆さんもご一緒に。(演奏・解説:音楽詩劇研究所)


● ワークショップ終了後には、会場の chaabee さんが用意してくださるベジフードとドリンクをご提供いたします。

  自由に、世界の音楽のことや民族のお話をしましょう!


ひとつの民族だけでは完結しない現在。ひとりひとりが異なる民族的な背景を持つ世界にいるあなたや私はどんな音で歌うのか。

そんなテーマを投げかけるかもしれない、 音楽詩劇研究所がおくる、誰もが楽しめるワークショップ!

木曜日の夜。みなさまお誘い合わせの上、どうぞお気軽にお越しください!

Schedule

home.html