photo: mikomex

音楽詩劇研究所

home.html

About

代表の河崎純作曲・演出による公演やワークショップなど東京を中心に活動を行う。2016年からは、アルメニア、ロシア、ブリヤート共和国、トルコ、ウクライナなどユーラシア大陸の各地域で様々な出自を持つアーティストたちとコラボレーションを行ってきた。

日本や世界各地の芸能やフォークロアを遡りつつ、民族儀礼や宗教、古典音楽のいずれの手法にもよらない独自の合唱システムを用いた音楽劇は、スペインのガルシア・ロルカの創作や、ガルシア・マルケスなど現代の中南米等のラテンアメリカアートの伝統にもつながり、いわば〈アジア版マジックリアリズム〉とも評されている。

We are making Music and Poetic Drama — new kind of theatre music combining songs, body, and voice — directed and composed by Jun Kawasaki. Since 2016, we have had collaborative performances with various artists from Armenia, Russia, Buryatia, Turkey, and Ukraine. Based on traditional arts and folklore from all over the world including Japan, we invent and use our unique choral system without relying on any ethnic or religious or classic music. The theatre music is said to be ‘Asian Magic Realism’ relating to creations of Latin American artist Gabriel García Márquez or Spanish poet Federico García Lorca and so on.

Jun Kawasaki, Music and Poetic Drama Laboratory  (MPDLab)